サイトメニュー

人気施術の注意点

鏡を見る人

まぶたに合う術法を

整形手術の中でも二重整形は人気の施術になっています。特に手軽に受けられる施術として確固たる地位を築いたのが、埋没法です。一部のクリニックではほとんどの人が取れないとする術法を編み出していますが、医学的に考えても埋没法に永久的効果はなく、誇大広告の可能性があるので注意が必要です。ただ、元々まぶたが薄くて、二重の幅を狭く作った場合は取れにくい傾向にあります。また、埋没法は2点留めが主流ですが、留める箇所を増やしているクリニックは少なくありません。物理的に考えると、留める箇所が多いほど取れにくくなります。でも糸が多く入っているということは、それだけまぶたに負担がかかるということです。見た目が不自然になることや合併症を引き起こす可能性もあるため、注意してください。また、腫れないとされていても腫れる場合があります。切開法では、1週間から2週間は腫れることを想定して二重整形を受けなければいけません。術後すぐから翌日にかけて強く腫れ、1週間後に抜糸を行うまでは腫れが気になることが多いです。特に幅広の二重にした場合に腫れが目立ち、手術時に脂肪を除去した場合や、手術の最中に目に力を入れていた場合には腫れがひどくなる可能性があります。二重のラインが元に戻ることのない二重整形である切開法には、全切開と部分切開があります。個々のまぶたの状態や希望する二重のデザインによって適する術法が異なります。まぶたの脂肪が多い人や二重の幅を広くしたい人に向くのは、全切開法です。部分切開法でも脂肪を取り除けなくはないですが、十分な量は取れません。なお、脂肪を取ると術後の腫れがひどくなり、ダウンタイムを長めに見積もる必要があります。全切開法は永久的効果が期待できるだけでなく、二重のデザインが豊富というメリットも挙げられます。日本人に適するのは末広型とされメジャーでしたが、近年のハーフ人気を受けて、幅広の平行型を希望する人が増加中です。他には、幅の狭い平行型や奥二型などが挙げられます。ダウンタイムが困る人や失敗が怖いという人は、埋没法を選ぶ傾向が強いです。まず入門編の二重整形として捉える人も少なくありません。埋没法には瞼板法と挙筋法があり、眼球を傷付けにくい、結び目が目立たないという理由から、後者が主流になりつつあります。ただ、患者に合わせて瞼板法を行うクリニックもあり、なくなった術法というわけではないです。どの埋没法にしても腫れることはあるものの、泣きはらした程度の腫れであることが多いです。

Copyright© 2018 きれいな目元にするなら二重整形がベスト【自信が持てるようになる】 All Rights Reserved.